[景品表示法に基づく表記]本記事にはプロモーションが含まれている場合があります。

キャリア

【対策アリ】研究職の転職が難しい理由

今回は、研究職の転職が難しいと言われる理由と、その対策について解説していきます。

「他社の研究職に興味がある!でも転職できるのかな?」

「研究職から他の職種に転職したい。。。」

そんな悩みをもつ方も多いでしょう。

一般に、研究職の転職は難しいと言われています。とはいえ、適切な手段をとることでキャリアチェンジ・キャリアアップを実現している人はけっして少なくありません。

本記事の後半では、研究職が転職を成功させるために取るべき対策についても詳細に解説しています。最後までぜひご覧ください。

企業における研究職とは

企業における研究には、大きく分けて「基礎研究」と「応用研究」の2つがあります。

「研究職への転職」「研究職以外の職種への転職」のどちらにおいても、自身が取り組んでいる業務や転職先で希望する業務が「基礎研究」なのか「応用研究」なのかを把握しておくことは重要です。

基礎研究

基礎研究は、将来の技術的基盤となりうる技術について種をまく研究です。短期的な収益につながるものではなく、芽を出さないまま幕を下ろす研究も多いのが基礎研究です。

とはいえ、基礎研究は将来的に他社との差異化を図るうえで重要な取り組みです。民間企業においても少なからず予算を割いており、大学や研究機関と協業するようなケースも見られます。

「基礎研究」に求められる能力
  • 科学への深い理解・素養
  • 不確定な未来に求められる技術を見抜く力
  • 正解がない道を切り拓いていく能力

応用研究

応用研究は、基礎研究をもとにして、それを具体的な自社の製品やサービスに結びつけていくための研究です。自社の基礎研究からはじまるケースもあれば、学会発表や論文として公開された技術と自社の強みをかけ合わせて展開されていくケースもあります。

民間企業がとくに積極的に行っており、学術的な成果よりもむしろ利益に結びつけていくところに比重が置かれます。

「応用研究」に求められる能力
  • 基礎研究の応用可能性を見出す技術的素養
  • 業界動向にキャッチアップする調査能力
  • 基礎研究を利益につなげていくビジネス的視点

研究職が「転職したい」と思うタイミング

「基礎研究」「応用研究」に従事する企業の研究者が「転職したい」と感じるタイミングには、一般にどのようなものがあるのでしょうか?いくつかの例を挙げてみましょう。

あなたも同じような不満・違和感を感じたことがあるのではないでしょうか?

企業における研究の仕事が自分に合わない

1つは、企業に所属して研究するという仕事が自身に合わないケースが挙げられます。

例えば、大学でやっていた研究の流れで研究職に就いた場合に、企業の利益を目指した研究と大学の学術的な研究のギャップに違和感を感じるという場合があります。

また、企業においては、会社の方針次第で自身の研究内容が変わってしまうこともしばしばです。大学でやっていたテーマに近い研究ができると思って入社したのに、部署や会社の方針でまったく違う研究の担当になってしまったということも少なからずあります。

このような、企業における研究のやり方に不満を感じるケースは、純粋に研究が好きな人に多く見られます。

ビジネスや顧客との接点が少ない

一方で、企業で研究するからには、ビジネス的な経験や顧客を強く意識した研究をしたいと思う人も多いでしょう。そんなタイプの方が不満を感じるのは、製品やサービスからはほど遠い、上流の基礎研究に携わる状況に多いです。

将来を見据えた基礎研究においては、数年後の製品・サービス化を目標としているわけではなく、自身の業務がいったい何の役に立っているのかわからなくなってしまうこともあるでしょう。

大学や研究機関ではなく企業で研究をするという選択をしたからには、顧客や社会が求める仕事をしたいと考える人は多いはずです。このようなタイプの人が基礎研究に取り組むことになった場合、違和感を感じながら仕事をすることになってしまう場合があります。

待遇や勤務形態に不満がある

企業における研究自体は好きで、自分に合っていると感じている人が、それでも転職をしたいと考えるケースがあります。その多くが、給与や昇進、勤務形態といった働き方の仕組みに不満がある場合でしょう。

例えば、以下のような状況が挙げられます。

  • 高学歴・大学院卒でも、給与は平均年収程度
  • 年功序列の組織で、昇進するのは早くても入社から10年以上経ってから
  • リモートワーク不可、休日出勤は当たり前

上に挙げた例は、どれも私の回りで実際によくある研究職の現状です。とくに昔ながらの働き方から脱却できない日系メーカーにはありふれた状況です。

不満のある待遇を我慢して受け入れていても、旧式の企業のあり方から抜け出せない企業が衰退するのは時間の問題です。「この仕組み・働き方ってヘンじゃない?」と感じたら、その違和感を放置せずに脱出することを考えるべきでしょう。

研究職の転職が難しいと言われる理由

転職が当たり前になった現代。研究職であっても転職を意識するのは自然なことです。

むしろ、変化の激しい世の中で転職を考えないことはリスクがあると言えます。2021年に倒産した企業の平均寿命は23.8年と発表されており、新卒で入社してから1つの企業に勤め上げて定年を迎えるという従来のキャリアモデルはすでに過去のものとなっています。

(出典:Yahooニュース「2021年倒産企業 平均寿命は23.8年、3年ぶりに上昇」)

そんな中、研究職の転職は比較的難しいと言われることも多いです。ここではその理由について把握しておきましょう。

研究職の採用数が少ない

研究職は、他の職種に比べて求人自体が少ない傾向にあります。研究職を募集する企業も高い専門性を求めるケースが多く、自身の経歴やスキルが合致しないこともしばしばです。

また、研究職の退職・転職率の低さも、企業が外部に求人を募集する数が少なくなる原因の1つでしょう。自身の希望する研究内容と企業の方針が合致している間は、多少労働条件に不満があったり、キャリア形成に不利に働いたとしても、外部に働き口を求めるようなリスクを取らない人が多いです。予算に限りのある企業としては、求人を出して研究職の頭数を増やすことは難しくなります。

個人としての実績を公開しにくい

転職先の候補となる企業に対して、どのような研究をしてきたのかを示せる実績があると転職活動をスムーズに進められる場合が多いです。研究職として対外的に示せる実績には次のようなものが挙げられます。

研究職としてアピールできる実績
  • 学会発表
  • 論文投稿
  • 特許
  • 修士号・博士号(修士論文・博士論文)

以上のような実績の質・量が充実しているほど、転職活動において有利に働きます。

一方で、企業においては研究職が実績を公開しにくいという事実が転職活動へのハードルを高くしています。企業における研究は秘匿性が高く、対外発表を重視する大学や研究機関に比べて学会発表や論文投稿が制限されるケースが少なくありません。研究者としてのバロメーターとも言える客観的な研究実績を積み上げることが非常に難しいのが実情です。

期間雇用の求人案件が多く、安定しにくい

研究職の求人を探すと、あらかじめ期間の決まった雇用形態や、派遣社員としての求人が多く見られます。正社員としての安定したポストを希望する方は注意が必要です。

研究職が転職を成功させるための対策とは?

転職が難しいと言われる研究職でも、今の職場から抜け出したい方や、新たなキャリアの選択肢を模索したい方も多いことでしょう。

ここからは、研究職が転職を成功させるための対策について解説していきます。

将来性のある研究分野にピボットする

1つ目は、ある程度の期間を要する対策です。自身の研究分野を将来性のある研究分野にシフトさせていくことができれば、転職活動時に求人数の少なさや技術のニッチさに悩まされることが少なくなります。むしろ、希少かつ需要のあるスキルの持ち主として、高く評価されることでしょう。

技術の移り変わりが激しい時代においては、数年前まで流行っていた研究分野がすでに時代遅れということも少なくありません。自身の専門とする研究分野においても、技術の潮流を読んで将来性の高い領域にシフトしていくことが求められます。

将来性があり、かつ汎用的な研究スキルを身につけることができれば、自身の研究分野の枠を飛び越えた転職も可能になります。例えばAIや機械学習の技術を用いた研究の実績があれば、それを異分野の研究に応用することも可能です。AI・機械学習が流行して久しいとはいえ、人材の需要は供給を上回っており、積極的に習得しておいて損はないスキルと言えるでしょう。

(研究職としての)キャリアアップに理解のある企業を選ぶ

2つ目は、キャリアアップに理解のある企業を選ぶということです。研究職としての実績を社内外に極端にアピールしにくかったり、推奨しない企業はおすすめできません。

「研究職として」キャリアアップを目指す場合には、企業の採用基準のうち以下のような項目に注目すると良いでしょう。

博士号保有者の待遇が良いか

働きながら博士号を取得できる環境(社会人博士)が整備されているか

とくに日本の大手企業では、研究職としてのキャリアアップに消極的な企業が多いのが実情です。一方、近年ではメルカリのように社員の学び直しや博士課程への進学に注力する企業も現れています。メルカリのPhD Support Programに関する記事より、その特徴を抜粋します。

「mercari R4D PhD Support Program」の特徴

博士課程の学費全額支給

週0〜5日の選べる業務時間

キャリアに関する企業のスタンスは新卒採用時から考慮しておくことが望ましいですが、入社してみないと実態がわからないことも多いです。すでに内情を把握している知人がいれば好ましいですが、そうでない場合は転職エージェントに相談するのが良いでしょう。転職エージェントについては後述します。

早い時期からキャリアアップに理解のある企業へ移っていくことが、勤労期間の長い人生100年時代ますます重要になってくるでしょう。

転職理由や長期的なキャリアプランを明確にしておく

「自分も転職を考えるべきかもしれない」

そう思った方が転職を成功させるために重要となるのは、転職理由や長期的なキャリアプランを明確にしておくことです。以下の例に当てはまる方は注意が必要です。

  • なんとなく転職を考えないとマズいことになりそうと感じている
  • とにかく年収の上がる転職をしたい
  • 10年、20年といった将来のキャリアについて考えたことはない

転職について右も左も分からない状態でなんとなく転職活動を進めると、かえってキャリアの迷子になってしまう可能性が高いです。とくに初めての転職活動を考えている方は、そもそも何からはじめればよいのか、いつからはじめるべきなのかなど不安に感じることも多いことでしょう。

そんな方におすすめなのが、転職エージェントの活用です。転職エージェントは、いわば転職活動をサポートしてくれるパートナーのような存在です。

転職エージェントの特徴

転職活動や業界事情に精通し、あなたに合った企業を紹介してくれる

履歴書や職務経歴書の添削、面接対策をしてくれる

企業との面接日程調整や条件交渉を代行してくれる

上記のように、転職エージェントのサービスは「転職活動の最初から最後まで」です。優れた転職エージェントであれば、転職後のキャリアについても長期にわたってキャリア形成を支援してくれます。

転職エージェントを利用したからといって、必ず転職をしなければいけないというわけではありません。あなたの職歴や業界の状況を考慮したうえで、「転職をしない」という選択を進められる場合もあります。

重要なことは、転職活動のモヤモヤをそのままにするのではなく、エキスパートである転職エージェントに相談し、自身の転職理由の明確化・長期的なキャリアプランについて整理することです。転職すべきか・しないべきかを判断するのは、もっと先のステップです。まずは一歩踏み出してモヤモヤを解消することからはじめましょう。

うれしいことに、転職エージェントは無料のサービスがほとんどです。【アカリクキャリア】のような研究職特化の転職エージェントも存在するので、ぜひ無料会員登録してみてください。

【アカリクキャリア】

「なんで無料で利用できるの?あやしい!」

と思われる方も心配ご無用。転職エージェントは、通常企業側から紹介料を受け取るため、求職者側からサービス利用料金を受け取らないシステムとなっているのです(例外もあります)。

研究職の転職先は?

最後に、研究職の転職先の例について確認しておきましょう。

研究職の転職先には、大きく分けて次の3つパターンがあります。

  • 同業種の研究職への転職
  • 異業種の研究職への転職
  • 異なる職種への転職

それぞれのパターンについて、注意点とおすすめしたい転職活動の進め方を確認していきましょう。

同業種の研究職への転職

まずは、もっともスタンダードな転職先である、「同業種の研究職への転職」です。

この場合、同業他社に転職することが多いでしょう。環境や勤務条件は変わるものの、業務内容自体に大きな変化はないため、もっとも転職に対する抵抗感の少ない選択肢と言えます。

注意すべきは、転職先の候補が少なくなってしまう点です。すでに紹介したアカリク転職エージェント(アカリクキャリア)のような研究職特化の転職エージェントを活用した転職活動がおすすめです。非公開求人を含めて求人を紹介してもらいつつ、年収アップや労働環境の改善を目指して転職活動を進めていきましょう。

異業種の研究職への転職

次のパターンは、「異業種の研究職への転職」です。研究職という職種は変えつつ、異なる業種へチャレンジする転職パターンです。例として、機械学習をバックグラウンドとしつつ、製造業から情報通信業に転職するような、コアとなるスキルを生かしながら業種をシフトするケースが多いでしょう。

同業種に比べて難易度は高まるものの、「将来性のある研究分野にピボットする」で解説したように、今後の長いキャリアを見据えたときに重要になる選択肢です。勢いの薄れている・薄れていく可能性が高い業種に留まることは、長い目線で見るとリスクの高い選択肢です。

現代で言えば、AI系の技能は他の業種でも応用が効きやすいです。同業種でAI技術のまったくない研究者を使うよりも、異業種でAI開発経験のある研究者の方が良い成果を上げることも少なくありません。自身の業種で将来性のある技術を磨きつつ、タイミングを見て将来性の高い業種にシフトしていく姿勢は、今後ますます重要性が高まっていくことでしょう。

異業種への転職パターンにおいても、同業種と同様に研究職特化の転職エージェントを利用することをおすすめします。

異なる職種への転職

最後のパターンは、「異なる職種への転職」です。心機一転、研究職ではない職種に挑戦する選択です。一般的に、3つのパターンで最もハードルが上がる選択肢と言えるでしょう。

とはいえ、人によっては有効な選択肢となる場合があります。例として、

  • 研究職に就職したものの自分に合わず、第二新卒として異職種に転職したい
  • 若手のうちに研究職で培ったスキルを生かしつつ異職種に挑戦したい
  • 研究職としての技術への深い知見を生かした異職種への転職を実現したい

といったケースが挙げられるでしょう。以上のようなケースを念頭に置きつつ、研究職からの代表的な転職先について解説します。

エンジニア

エンジニアは、プログラミングやAI開発への抵抗が少ない研究職出身者の有力な転職先候補となる職種です。

研究職時代の業務経験を生かすことが可能なうえ、需要も多くキャリアアップを狙いやすいエンジニアはぜひ候補に入れておきましょう。

コンサルタント

コンサルティングファームに勤めるコンサルタントは、頭脳を資源とする研究職と似通う部分が多い職種です。コンサルタントに必要とされる論理的思考やコミュニケーション能力、英語力などは研究職として鍛えられる能力とも共通しています。

コンサルタントはクライアントのトップマネジメント層とともに事業戦略を考える業務に携わることも多いです。マネジメント経験がある方であれば、研究職としての技術的視点と戦略立案能力を交えて、コンサルタントとして活躍することが可能でしょう。

コンサルタントは年収も高く、研究職の待遇に不満がある方や、キャリアアップに強い興味がある方にはとくにおすすめの職種です。

研究職以外の職種への転職には、ミドルクラス〜ハイクラス向けに特化した転職エージェントであるJACリクルートメントの利用がおすすめです。2019〜2022年の間、4年連続でオリコン顧客満足度No.1に輝いており、評判が高い転職エージェントです。技術職・専門職の転職にも注力しており、研究職からの転職活動に非常におすすめできるサービスです。

公式ページはこちら