[景品表示法に基づく表記]本記事にはプロモーションが含まれている場合があります。

キャリア

メーカー研究職からコンサルに転職。求められる能力とは?

今回は、メーカーの研究職からコンサルタントへの転職について解説していきます。

研究職からの転職先候補として頻繁に名前が挙がるコンサルタント。

大学院からの新卒入社先としても人気があり、研究職として働いている方にも一度はコンサルティングファームへの入社を検討したことがあるという人が多いのではないでしょうか?

この記事では、研究職からコンサルタントへの転職を考える理由について紹介した後、研究職とコンサルタントに共通する能力について解説していきます。

「研究職として働いているけど、新卒入社の頃からコンサルに興味があった」

「研究職からコンサルへの転職ってよく聞くから気になる!」

さらに、コンサルタントへの転職活動をしている研究職の方へのインタビュー記録も掲載しています。キャリアアップに向けた活動を始めたリアルな転職活動記が気になる方は、ぜひ最後までご覧ください。

研究職からコンサルへの転職理由

まずは、研究職からコンサルへ転職する際によくある理由について紹介していきます。

研究職として働くなかで感じるモヤモヤから、他の職種に興味をもつことがあるかと思います。その中でも、コンサルへの転職によって解消しうる悩みにはどのようなものがあるのでしょうか?確認していきましょう。

研究内容が実用化されない

1つ目は、研究内容がなかなか実用化されないというものです。

企業に入社して研究をするからには、なんらかの形で自身の研究が製品やサービスとして世に出ることを望む人が多いでしょう。自身の研究をもとにした製品・サービスが世の人々の役に立つことで、自身の研究に価値を感じるという人は少なくありません。

一方で、日の目を見る研究が少ないのも事実です。むしろ、製品やサービスという形になるまでに頓挫してしまう研究がほとんどでしょう。仕方ない部分もあるとは理解しつつも、会社の方針や、上司のさじ加減で自身の研究の行く末を左右されてしまうことに不満を感じる人も多いのではないでしょうか?

「会社が自分の研究の価値をわかってくれない」

「入社してからいくつもの研究テーマに携わってきたが、1つも製品化されていない」

「形にならない自身の研究がいったい何の役に立っているのかわからない」

このような企業で研究をする中で感じる違和感から、転職を望む人は非常に多いです。

顧客に近いところで仕事がしたい

企業における研究開発は、ビジネスの最上流にあたります。その性質上、顧客との関わりは少なくなります。

一方で、企業で研究をするからには、ビジネス的な経験や顧客を意識した研究をしたいと思う人も多いでしょう。大学や研究機関ではなく企業で研究をするという選択をした背景には、顧客や社会が求める仕事をしたいと考えていた人も多いはずです。

このようなタイプの人が基礎研究や顧客との接点がほとんどない研究内容に取り組むことになった場合、違和感を感じながら仕事をすることになります。

「自分の研究によって顧客の課題を解決したい」

「研究を通して培った課題解決能力を役に立てたい」

「課題解決には研究以外の形もあるのではないか」

研究職としての能力をよりビジネス課題に近いところで役立てる可能性を考えるようになると、コンサルへの転職という選択肢が現実味を帯びるようになります。

年収をアップさせたい

企業における研究自体は好きで、自分に合っていると感じている人が、それでも転職をしたいと考えるケースがあります。その多くが、給与や昇進といった待遇に不満がある場合です。

例えば、以下のような状況が挙げられます。

  • 高学歴・大学院卒でも、給与は平均年収程度
  • 年功序列の組織で、昇進するのは早くても入社から10年以上経ってから

上に挙げた例は、どれも私の回りで実際によくある研究職の現状です。とくに昔ながらの働き方から脱却できない日系メーカーにはありふれた状況です。

就活の際に研究ではなくコンサルのようなビジネス寄りの職種を選んだ同年代が、自分の能力を生かしてバリバリ転職や昇進によって年収アップを実現しているという話を聞いたことがある方も多いでしょう。その一方で自分は一度も転職しておらず、年功序列の組織の中で研究成果も認めてもらえないというのは典型的な研究職の姿です。

実際、研究職とコンサルの年収にはどれほどの違いがあるのでしょうか?それぞれの年代別平均年収を確認してみましょう。下の画像は令和3年賃金構造基本統計調査から作成したグラフです。

令和3年賃金構造基本統計調査をもとに作成。「コンサル」の年収は、経営コンサルタントを含む「その他の経営・金融・保険専門職業従事者」の項目を使用している。

研究職とコンサルの平均年収を並べてみると、その差は歴然です。20代後半から60代半ばまで、どの年代においてもコンサルは研究職の1.5倍前後の収入を得ています。ともに高学歴の人材が多く、頭脳労働である点に違いはありません。それでも年収としては明確な差が現れているのが実情です。

残念ながら、企業側がいきなり年収の上がりやすい賃金体系に変更したり、実力主義の人事制度を取り入れるということはありません。研究職としての働き方に鬱屈としている人は、自分から行動を起こすことを考えます。その転職先として、大きく年収アップできる可能性のある職種がコンサルであると考える人は非常に多いです。

研究職で培われるコンサルに求められる能力

研究職からの転職先として人気のコンサル。求められる能力には共通する部分も多いと言われます。

研究職として培われる、コンサルに求められる能力にはいったいどのようなものがあるのでしょうか?確認していきましょう。

課題解決能力

1つ目は、「課題解決能力」。

コンサルタントはクライアントの課題を解決するプロフェッショナルです。目の前の課題に対して、どのように解決するのかを考える力が必要になります。

コンサルティング業界では、課題をモレなくダブりなく(MECE)考えるために、フレームワークを用いた課題解決を行います。

コンサルタントが使用するフレームワークの例
  • 3C分析
  • 5F分析
  • SWOT分析

研究職の方でも、聞いたことがあったり、実際に使ったことがあるという方もいるのではないでしょうか?コンサルタントは適切なフレームワークを日常的に使用することで、情報を整理したうえで論理的な解決策を導き出します。

フレームワークを使うかどうかはさておき、研究職においても論理的に物事を考えることは生命線とも言えます。課題解決能力は研究職としても必須であり、日常業務をこなす中でもブラッシュアップされていく能力の1つです。

もちろん、コンサルタントには地頭力と呼ばれるような地頭の良さも求められます。これに関しては、研究職に就いている段階でクリアしていると思って良いでしょう。

コンサルタントほど課題解決能力を求められる職種はありません。そのような意味でも、コンサルタントは研究職で身につけ、伸ばしてきた課題解決能力を役立てることのできる貴重な職種であるとも言えます。

データ分析力・資料作成能力

2つ目は「データ分析力・資料作成能力」です。

新卒入社のコンサルタント(アナリスト)の主な業務は情報収集やデータ分析、資料作成です。若手のコンサルタントは日々の業務をこなす中で、データ分析力や資料作成能力が「自然に」身についていきます。

とくにエクセルを使いこなすことは重要です。思考にあてる時間を確保するべく、ショートカットや関数を使いこなし、効率的なエクセルの使い方をマスターしていきます。

このようなデータ分析力は研究職業務の中でも身につきます。膨大な実験データをまとめることは日常茶飯事ですし、分析結果を共有・報告するための資料作成も頻繁に行われます。

研究職としての業務をこなす中で培われる、適切なデータ分析の仕方や見やすい資料作成術はコンサルタントとしての「基礎能力」と共通する部分があると言えるでしょう。

長時間労働

3つ目は、「長時間労働」です。研究職とコンサルの共通項の1つは、長い時間に渡って頭脳を酷使する仕事だという点です。

コンサルのような知能的ハードワークに耐えうる異業種はそう多くはありません。その中で、研究職も長時間の知能労働を求められる職種であり、コンサルへの転身に比較的対応しやすいバックグラウンドと言えます。

一部のコンサルでは今なお研究職の比ではない労働量をこなしています。それでも、(ブラック)研究室時代の昼夜を問わない労働(?)に耐え抜いた研究職は、大いにコンサルタントとしての(体力的)素養があると言えるのではないでしょうか?

研究職からコンサルへ転職するためにやるべきこと

研究職からコンサルティング職へ、転職するためにやっておくべきことを5つ紹介します!

「転職しよう」と思い立っても、何の事前準備もせず面接に臨んでしまうと、まず選考を通過することはできません。なぜなら、コンサルティング職には他の職種と違った独特な選考スタイルがあったり、ニーズが高く競合する求職者が多かったりと転職難易度が比較的高い職種だからです。

コンサルへの転職を成功させるため、まずは事前に準備しておくべきことを知っておきましょう!

コンサルティング業界の知識を身につける

大前提、コンサルティング業界・職種に関する一定の知識を持っておくことは必須です。何も分からない状態で選考に臨んでしまうと、何人もの面接を担当してきたコンサル会社の面接官には簡単に見抜かれ、落とされてしまいます。

コンサルに関する書籍を読んだり、Webで調査してみたり、コンサルティングに関する情報をできる限りインプットしておきましょう。

コンサル業界に勤める友人・先輩・後輩に話を聞く

コンサル業界に勤めている知人がいる場合は、働くイメージをふくらませるためにも話を聞いてみると良いでしょう。具体的な働き方を思い描くことで、入社後にイメージとの乖離が生じにくくなったり、選考でどう自身の強みをアピールするべきか考えやすくなったりします。

コンサル職の親しい友人がいない際は、先輩や後輩まで視野を広げてみましょう。理系院卒の場合、就活時点で「研究か」「コンサルか」という2軸で活動を行う場合が多いです。そのため知人にはコンサルで働いている人がいなくても、先輩や後輩まで手を広がれば見つかる可能性が高いです。

実際、筆者の周りでも研究室時代の同期・先輩・後輩には、コンサル企業に勤めている人が複数います。ぜひあなたも、周囲をあたってみてください。

研究職とコンサル職の”意識”の違いを理解しておく

研究職とコンサル職の”意識”の違いを理解しておくことも重要です。

たとえば研究職は自身でスケジュールを敷いて長期スパンで進めていく場合が多いですが、コンサル業界はスピード感が非常に早いです。

クライアントからの「すぐにやってほしい」は、「2〜3時間後」のレベルであることも多く、これまで働いてきた環境とは”意識”や”文化”が大きく異ります。

違いを理解しておかないと、選考中にミスマッチが起こったり、入社してから「思っていた働き方と違う……」という理想と現実のギャップが生じたりしてしまいます。

仕事は人生の大部分を占めるほど、重要な選択です。後悔しないよう、しっかり”意識”や”文化”の違いを理解しておきましょう!

転職エージェントの活用

研究職からコンサルへ転職する際には、転職エージェントを活用しましょう!異業種への転職では、とくにプロのアドバイスは有力です。

自身の経験やスキルがコンサル業界でどう強みに変わるのか、どんな風にアピールすることで企業に自分の価値を評価してもらえるのか、第三者の目線からキャリアを見てもらえることで、コンサルに転職するための道筋をしっかり引けるようになります。

一人で悶々と考えているだけでは視野が狭く、思考も偏ってしまいがちです。そんなときは、無料で相談できる転職エージェントを活用してみましょう。

とくにアクシスコンサルティングのように、コンサルティング業界に特化したエージェントを選べば、コンサルティング業界の特色や働き方など基礎的な知識を教えてもらえたり、これから応募する企業の面接の傾向や対策まで行ってくれるので、転職を成功させる確率もグンと高められるはずです。

面接対策(ケース面接やプレゼン対策)

コンサルティング職の場合、他職種と違い選考でケース面接やプレゼンが求められる場合があります。なかでもケース面接は苦戦する人が多く、対策なしで選考を突破するのは至難の技でしょう。

ケース面接とは?

コンサルティングの現場で発生しうる課題の「解決力」を図るために行われる面接のこと。論理的思考力やコミュニケーションスキルが求められます。

<例>

  • 日本のバイク市場規模を3年で2倍にするためには、どうすればいいか。
  • 日本の出生率を向上させるためにはどうするべきか。
  • 売上が低迷している老舗の和菓子屋を再建するための計画を策定せよ。

アクシスコンサルティングなど、コンサル業界に特化した転職エージェントであれば、ケース面接対策まで行ってくれます。転職エージェントを活用して万全の体制を整えましょう。

インタビュー|研究職からコンサルに転職しようと思ったきっかけ

今回、転職活動中の友人に「なぜ研究職からの転職を考えているのか」「なぜコンサル業界に興味を持っているのか」などをインタビューしてきました!

Interview:プロフィール

友人 Mくん(20代/男性)

・大学院を卒業後、メーカー企業に研究職として入社。

Q1.転職したいと思ったきっかけは何?

ーーいまの会社に入社した決め手はなんだったの?

「学生の頃は、正直なところ深くは考えていなくて(笑)。ずっと研究をやってきたから、これまでの研究経験を活かして、何か社会に役立つものを作り上げたいなって、メーカー企業を選んだかな」

ーー入社した会社では「社会に役立つものを作り上げる」経験はできたの?

「いや、全然。入社してから、いろいろな研究テーマに携わってきたんだけど、なかなか製品化には至らなくて。会社の都合で研究が縮小されたり、頓挫したりすることもあるから、『自分の研究には一体、何の意味があるんだろう……』って悩むことも多いかな」

ーーだから、転職を考えるようになったんだ。

「まさにそうだね。転職活動をはじめた1番のきっかけは、無駄な研究をしているんじゃないかっていう不満が強かったからだと思う。せっかく仕事をするなら、社会に役立つものを作りたいし、誰かに喜んでもらいたいからね」

ーーすごい共感できる!

「まあ、あとは……年収をもっと上げたいっていう欲求もある」

ーーMくんの会社は、給与がなかなか上がらないんだ?

「年功序列な風土が強いんだよね。ポジションも全く空きがなくて、あと10年は働かないと役職にはつけなさそうかな……」

ーーそれは、きついね。

「自分のモチベーションも低下してきているし、このまま今の環境にいつづけるのは良くないなって思って、転職活動をはじめたよ」

Q2.コンサル業界に興味をもったきっかけは?

ーーコンサル業界を中心に転職活動をしているそうだけど、どうしてコンサル?

「研究職での経験やスキルを、多少なりとも活かせる職種だと思ったからかな。全くの異業種にチャレンジするのも面白いかもしれないけど、培ってきた経験を活かせる転職をしたいんだよね」

ーーわかる!0からスタートするよりも、これまでの経験にプラスしていきたいよね。

「そうそう!それにコンサルは研究と違って、顧客と密接に関われる仕事でもあるから『社会や人の役に立ってる!』ってやりがいも得られると思うんだ。研究職以外の仕事を探していた時に、すぐにビビッときたよ」

Q3.転職エージェントに相談してみて、どうだった?

ーーMくんは転職エージェントに相談をしてみたんだって?

「そうそう。アクシスコンサルティングっていう転職エージェントをいまも使ってるよ」

ーー相談してみて、どうだった?

「まず聞いて安心したことが、実際に研究職からコンサルに転職する人は多いってことかな。研究職からコンサルに転職している実績がちゃんとあるんだって知れたことで、『僕にも可能性があるはず』って前向きに思えるようになったよ」

ーーたしかに、実績は大事だよね。

「あとは転職エージェントと話していて、メーカー研究職を経た自分だからこそ発見できる課題や解決手法、思考などがあるって分かって良かったかな。今までは『自分の研究って無駄じゃんって落ち込むことが多かったけど、それらの経験がコンサルに転職することで役立てられるんだって知ったら、ますますワクワクしたよ!」

ーーいいね!色々教えてくれてありがとう。転職活動、応援してるよ!

研究職からコンサルへ!おすすめの転職エージェントは?

ここからは、研究職からコンサルタントへの転職を実現するためにおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

転職エージェントは無料で利用することができるので、ぜひ積極的に活用していきましょう。

「なんで無料で利用できるの?あやしい!」

と思われる方も心配ご無用。転職エージェントは、通常企業側から紹介料を受け取るため、求職者側からサービス利用料金を受け取らないシステムとなっているのです(例外もあります)。

アクシスコンサルティング

出典:アクシスコンサルティング

コンサルタントへの転職を目指すうえで外せない転職エージェントが「アクシスコンサルティング」です。

現役コンサルタントの転職支援数No.1の実績をもち、そのノウハウを生かした未経験からコンサルタントへの転職にも力を入れています。

アクシスコンサルティングの特徴の1つは、平均サポート期間が3年と比較的長いことです。一度の面談・転職で利用者との関係を終わらせることなく、中長期でキャリア形成をサポートしてくれます。

初めてのコンサルティング業界への転職は、転職活動後も何かと不安に感じることが多いでしょう。業界を熟知しているアクシスコンサルティングのサポートを拠り所にすれば、あなたの転職活動・転職後の中長期スパンのキャリア形成の心強い味方となってくれるはずです。

「アクシスコンサルティング」はこんな人におすすめ

コンサルティング業界の転職を熟知したエージェントを利用したい

未経験のコンサルティング業界への転職に不安がある

中長期スパンのキャリア形成を見据えた転職をしたい

公式サイトはこちら

アクシスコンサルティング

まとめ

今回は、メーカーの研究職からコンサルタントへの転職について解説してきました。

研究職からコンサルタントへのよくある転職理由から、研究職として培われるコンサルタントに必須の能力について、しっかり把握することができたのではないでしょうか?

転職が当たり前になった現代。研究職であっても転職を意識するのは自然なことです。

むしろ、変化の激しい世の中で転職を考えないことはリスクがあると言えます。2021年に倒産した企業の平均寿命は23.8年と発表されており、新卒で入社してから1つの企業に勤め上げて定年を迎えるという従来のキャリアモデルはすでに過去のものとなっています。

(出典:Yahooニュース「2021年倒産企業 平均寿命は23.8年、3年ぶりに上昇」)

そんな中、共通項の多いコンサルタントへの転職は有力な転職先候補です。研究職として鍛え上げた頭脳を武器にすることができ、年収アップの可能性も高いコンサルタントへの転職はぜひ検討したいところです。

「自分の能力は十分に認められていない」

「結果を出しているのに同期と給料が変わらない」

「コンサルに新卒入社した研究室の同期は自分の倍の年収をもらっている」

このような不満を抱えている研究職はきっと多いことでしょう。

研究職の待遇に満足していない方や、キャリアアップに強い興味がある方にはとくにおすすめのコンサルタント職。紹介した転職エージェントを参考にしつつ転職活動をはじめてみてはいかがでしょうか?